ワキ脱毛 大阪

MENU

施術に使用されるジェルって?

ジェルにも様々な種類

脱毛サロンでは、施術前にジェルを乗せるサロンが多いです。サロンによってジェルにも特徴があり、プラセンタ入り、保湿成分入りなど、美肌効果を発揮するジェルまであります。

 

ひんやりとしていて冷たいジェルなのですが、どのような役割と効果があるのかご存知でしょうか。ここでは、ジェルに期待できる役割と、その効果についてまとめてみました。

 

脱毛の施術で使用されるジェルの役割についてですが、脱毛で使用するジェルは主に2つの役割があります。

 

ジェルの保湿と保護について

そして、脱毛の施術で使用されるジェルの効果についてですが、

保湿:脱毛の施術に使用するジェルは保湿の効果を発揮

 

サロンによってジェルの成分が少しずつ違いますが、どの成分でも肌を保湿する役割は一緒です。肌の保湿をすることで、脱毛の効果を十分に発揮させることができます。

 

水分が失われた肌は、痛みを感じやすくダメージを受けやすくなってしまいます。やけどを負ったり、赤みが出るなどのトラブルが起こる可能性が高くなるのです。

 

保護:脱毛の施術で使用するジェルは熱から肌の保護する役割

 

肌表面を冷却することで、熱を逃がし皮膚が傷つかないように守ってくれるのです。このため、ジェルを添付するサロンではべったりとするくらいたっぷりとジェルをのせます。

 

ひんやりと寒いくらいのジェルは、肌の保護のためにとても重要だといえます。脱毛サロンで使用するジェルは、とても冷んやりとするため好まない女性が多いです。でも、ジェルを利用することによって

脱毛による肌トラブルを軽減する役割

を果たします。最近では、ジェルをのせない脱毛サロンも増えていますが、その代わりにしっかりと肌を冷やしてから脱毛をするなどの工夫をしています。

 

また、ジェルを採用するサロンではコスト削減のために独自開発のジェルを利用したりしており、コスト削減だけではく美肌効果なども期待できます。