ワキ脱毛 大阪

MENU

何故脱毛後は脇汗をかきやすいの?

脱毛サロンの中でも、脇の脱毛は特に人気の施術です。安いプランが設定されていることから、まず初めに取り掛かる人も多いパーツでしょう。

 

しかし、脇脱毛をした後に思わぬトラブルが引き起こされることがあります。

 

そのひとつが、脇汗についてですが、脱毛をしてから「脇汗をかきやすくなった」、「シャツに汗がつく」と悩む声が相次いでいます。

 

この脇の汗は脱毛と直接関係していることなのでしょうか。どうして脱毛をすると脇汗をかきやすくなるのか、理由をまとめてみました。

 

脱毛後に脇汗をかきやすいのは、主に2つの理由があります。「精神的問題」なのですが、いわゆる気持ちの問題というものです。

 

医学的に言えば「精神性発汗」で、無意識で緊張をしているときに出る汗のことです。脇の脱毛をすることで、少なからず脇に気持ちが集中しがちになります。何も考えていないつもりであっても、

脱毛の後は脇が気になる

ものです。これは、人前で話すときなどに緊張をして汗をかくのと同じメカニズムです。緊張をすると汗の量が増えて、脇汗が気になるようになります。

 

精神性発汗が原因であれば、時間が経つごとに汗が落ち着くはずです。次に、毛のクッションがなくなったという理由ですが、脇の毛が存在している理由のひとつが汗のクッション材の役割です。汗をかいたときに、

汗を吸収して垂らさず乾かす効果を発揮

します。そんな毛の役割が発揮されなくなってしまうので汗が気になるようになります。この理由は汗の量そのものが増えているわけではありません。

 

特にムダ毛処理を定期的に行っていない女性は量が増えたように感じます。クッションの役割をしていた毛がなくなった事で、汗が増えたように感じるのがひとつの理由です。

 

脱毛をした後は、汗が気になって仕方が無いことがあります。人によっては脱毛で身体の異変が起こったのかと思うものですが、そんな理由ではありません。